自由のバージョン

ネットのニュースで
修学旅行に行けなくて
めちゃめちゃ落ち込んでる
みたいな学生が多い
って
たまに見かけます

あれも
本当か嘘か別として

じゃあ
自分がどうだったのか?
って考えると

僕は
想像通り
子供の時から
集団行動とか集団生活とか
大っ嫌いだったのでw

逆に
全然違う中学の友達の家に泊まったりとか
友達だけでファミレス行ったりとか
そっちの方が全然ワクワクしたし
楽しかった

だって
そっちの方が全然自由だから

で、
そんな自由好きに
車を乗らせると
家に帰ってこなくなる

だって
今までは
せいぜい市内、県内が
移動範囲の限界だったのに(僕は千葉出身)

車の免許取ったら
余裕で県をまたげちゃうw

もう
毎日100km単位で
走りまくっちゃう

自由だから

で、
そのまま
ずっと
いっちゃうと
かなりイタイ人になってた訳だけど、

あるとき、
気づいてしまった

「移動中に作業ができる自由」

電車なら
移動中に作業や勉強ができる

そして今度は
知識や可能性という自由を
手に入れていく

そして
知識や可能性という自由は
行動の自由よりも
はるかに大きくて高くて深い自由なんだと

でも
ある程度までくると

自由のためには
自分でルールを作らなくてはいけないことに気づく
そして
そのルールを守らなければいけないことに気づく

ぶっちゃけ
何時に寝ても
何時に起きても
誰にも怒られない

でも
自由だからこそ
自分で決めたルールは徹底しなきゃいけない

だから
自由と規律はセットなんだな…


しみじみ思う
残すところあと2ヶ月の
2022年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。