APOLLO FOUR FORTY/GETTIN’ HIGH ON YOUR OWN SUPPLY

♪【ジャンル/ビッグビート】♪

【APOLLO FOUR FORTY/GETTIN’ HIGH ON YOUR OWN SUPPLY】
<EPIC RECORDS/ESCA8055>

Gettin High on Your Own
記念すべき第一弾は、ダンスフロアにエレクトリックギターを持ち込み
ロックンロールをグルーヴさせたこの一枚。
「ロックは止められない、あんたには止められない」by STOP THE ROCK
(2曲目)
——————————————————————
アンビエント系シーケンスでゆっくりと非日常世界へ誘ったあといきなり
誰もが聞いた事のある、ロックやブルースで使われる王道のリフが!!
このリフにブレイクビーツとエフェクト加工されたボーカルが
ミックスされ13曲56分30秒のブレークビート.ルネッサンスがスタート!
彼らが結成されたのは1990年。その頃のロックアーティストやロックファン
ダンスミュージックに対する拒絶は凄かったらしい。
しかし彼らは何百回ものライブを重ね、ライブ感を反映させた楽曲によっ
てロックファン達へのアプローチに成功する。
彼らの功績により、多種多様のジャンルを混ぜ合わせたバンドの登場が相次
いだ’90年代。そのラストを飾るにふさわしく’99年にリリースされたのが
3枚目のアルバムとなる今作です。
お薦めは「レッドツェッペリンmeetsダンスミュージック」な4曲目。ほん
とにロックのビートがうまくデザインされていく。
どうも彼らのルーツはハードロック系らしくブラックサバスやヴァン
ヘイレンなんかも好きらしい。
ビッグビートだけじゃなくテクノ、ドラムンベース、ヒップホップ、ダブ
等、色々な要素を含むアルバムなのでクラブミュージックの入門用にも
お薦めです。
映画「ロストインスペース」テーマ曲収録
♪解説♪———————————————————–
ビッグビート
(アメリカではエレクトロニカともいうクラブミュージックのジャンルの
一つ。基本的になんでもありでロック指数高め。今後紹介予定のファット
ボーイスリムやミントロワイヤルもこのジャンルにあたる)
※アンビエント系
( 空間系。空気感のある。漂うような。包み込むような。)
※シーケンス
( 音のつながり、連続した音)
ブレイクビーツ
( ドラムパターンなどを切り刻んで自分なりに構築したものを言う場合が
多い)
↑の解説は、おもいっきり独断です。
興味を持った方は自分なりに調べてみることをお勧めします。
Gettin High on Your Own

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *