LTJ BUKEM/JOURNEY INWARDS

♪【ジャンル/アートコア、ドラムンベース】♪

【LTJ BUKEM/JOURNEY INWARDS】

<ACIT/140-1>
——————————————————————
~JOURNEY INWARDS 内面への旅~
このアルバムを紹介するの忘れてました。僕の中で最重要アルバムです!
数々のDJ活動と自らのレーベル “グッドルッキングレコード”で様々なコン
ピレーションアルバムを発表してきた LTJ BUKEM 待望の初アーティストア
ルバムです。
単にドラムンベースのアルバムではなく、アートコアといわれるブレイク
ビーツと様々な音楽のフュージョン。
そのことを決定付ける音はストリングスやサウンドエフェクトの使い方に
現われていて特に “ロニーリストンスミス” や “ロイエアーズ” に影響を
受けたというローズ(エレピ)は必聴でアルバムの随所で聞く事が出来ます。
一曲目のフルートで只のヒーリングミュージックと思った方は次の曲でやら
れてください。
ということで
お薦めは2曲目。この曲はアルバム発売当時猛烈な勢いでTVのバラエティー
番組(?)などで流れてたので知ってる方も多いはず。ぶっ太いビートのド
ラムンベースチューンです。
ビートが手に入るところならどこへでも行くという彼は17枚の違うレコード
からドラムの音をサンプリングし、自分のキットを作ってビ-トを組んでい
るようです。
(ベースに関しては10人の違うベーシストからそれぞれ一音をサンプリングし
て使っているようです…すげぇ)
人生の中で数枚しか出会わないスペシャルなアルバム。彼はカーティスメイ
フィールド、スティービーワンダーが好きらしくいわゆるインストゥルメン
タルなのに歌心まるだしのトラックを作っています。
このアルバムは2枚組みなのですが断然1枚目の方がイイっすね。
この人のライブというかDJをしている所をリキッドルームに観に行ったのです
がドラムンベースに限らずソウルチューンやジャズ、ハウスやヒップホップと
様々な節操無い(笑)音楽を流しているのが印象的でした。このアルバムも彼
の内面にある色々なブラックミュージックを再構築しジャンルレスなグッドサ
ウンドを楽しめる内容になっています。

【LTJ BUKEM/JOURNEY INWARDS】試聴はこちらから

♪解説♪———————————————————–
※”ロニーリストンスミス” や “ロイエアーズ”
(’70年代に活躍したジャズフュージョンなるジャンルの主要アーティスト。
今でも特にDJやクラブミュージックファンに根強い人気がありサンプリ
ングソースとして使われることもしばしば。)
※アートコア
(ジャズやアンビエント・ミュージックからの影響を取り入れ、ストリング
スやサウンドエフェクトでムーディーな音をブレイクビーツに融合させる
スタイル。生楽器の導入も盛んに行われておりダンスフロアではもちろん、
家でのリスニングにも十分イケる音楽。)
↑の解説は、おもいっきり独断です。
興味を持った方は自分なりに調べてみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *