Author Archives: snowner

同じ本

見事に考え方が同じ本

この本

この本を読んで
どうして僕がまだ音楽活動を再開しないのか?
どうしてあの時に再開しなくてよかったのか?
ということがはっきりとわかった

作者は臆病で天邪鬼
全く僕と一緒

そしてこういったことを誰も言ってくれなかった

やりたいことをやるべき
好きなことをやるべき

こういったことを教えてくれる本は腐るほどある

だけど直感でそれは違うって
思っていた

だからと言って
やりたいことをやらないままでいるのは
いろいろな意味で迷惑千万

だからこそこの本は面白い

2005年の頃
手帳を広げて未来年表を作っていた時と
今との最大の違いは
直感に重きを置けるようになったこと

あの頃よりも
これからの方が
きっと
いい歌が書けるはず

精神が肉体の限界に勝ってしまうw

精神が肉体の限界に勝ってしまうw

「もうダメだ…と思うその向こうに肉体の限界はある」
という言葉、聞いたことありませんか?

つまり、
まだ肉体は限界じゃないのに、
精神が限界になってきていると。

僕の場合、
これが180度逆です。

肉体は限界を超えているのに、
精神はまだ行ける!
となってしまう。

そうすると
どうなるかわかりますか?

そう。

ケガする・・・

なんとかなんないかな、
この性格。

何年、同じことやってるんだろう。

韓国ドラマ

韓国ドラマ

まあ、賛否両論だと思うけど、
ここ1、2年、
韓国ドラマを見るようになった

・不滅の恋人
・オクニョ
・100日の郎君様
・ギルドン

当たり前だけど、
一時期流行ったような
奥様方の「それ」目的ではない

これ、
見てるとわかるけど、
はっきり言って
クオリティーが高い

なんか、
ドラマというより映画を見ているよう

そして
共通するのは歴史ということ

この時代は日本で言うとどの時代だったんだろうか?
と思いながらも、
この時代ならではの
どうしようもない運命のようなものに惹かれる

今のように
仕事を選べる時代じゃない

下手したら
兄弟、親子でも敵同士になりかねない

だから歴史好きとしては
ドキドキしてしまう

ギルドンは毎日あるから
消化がきついけどw

MacBook Proの「U」のキーボードが外れたら無償交換できるかも

先日、MacBook Proのキーボードの「U」だけが外れる
ということをお伝えしました。
http://snbrand.com/?p=4995

騙し騙し使ってきたものの、
とうとう、毎回打つたびに外れてしまうので、
もう、これはどうしたもんじゃろのう(とと姉ちゃん)と思って途方にくれていたところ、

「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」なるものを見つけました、
https://support.apple.com/ja-jp/keyboard-service-program-for-mac-notebooks

そしてApple サポートとチャットをして、このプログラムに当てはまっていることを確認してもらい、
無償で交換してくれることに。

8月29日にリペアをリクエストして、
8月30日に取りにきてくれて、
8月31日に受け取ったと連絡が来て、
9月2日に修理が終わったと連絡が来て
9月3日に届いた!

1週間以内に届くという神対応。

さらにすごいのが梱包。

はっきりいって、
新品のMacを変えてくれたのか?と勘違いするレベルの梱包だった。
キーボードは全部変えてくれたっぽい。

本当にこういうところでも感動させてくれる…

ありがとうApple!

MacBook Proのキーボード「U」が外れる件

うーん…
MacBook Proのキーボード「U」が外れる件

MacBook Proのキーボードで「U」の文字だけが外れてしまうことが増えてきた。
初めは「カチ」っとするまで押し込めば対応できたんだけど、
多分、夏は汗や脂の関係で引っ剥がされる確率が高くなってしまうんだろう。

これは超ストレス。

MacBook Pro自体を買い換えるか
MacBook Airにするか
それとも、
この際、iPad ProのMagickeyboardにするか?

悩み中。

8月6日

何度か登場しているドイツ人の友達は8月6日という日本人には忘れることができない日が誕生日。

毎年誕生日に送るメールでいつもそのことについて触れるんだけど、
今回はコロナについての方が多くなった(笑)

ただ、世界的な共通の問題になっているけど、
彼の周りでは深刻な問題ではなさそう。
(メールでイメージする限り)

2年後にはアニメ好きの息子さんを連れて日本に行きたいと言っているので、
その頃までにはマスクなしで歩き回れるようになってるといいなと思う。
営業が自粛してたらヤバいし。

と、その前にマジで英語を勉強し直さなければ(笑)

サブスク全解除

先日お話ししたように、

あらゆるサブスクを解除した

解除したサブスク

・Apple Music
・Dマガジン
・DMM Mobile
・Kindleアンリミテッド
・他色々

中には安すぎるから解除する必要ないかな
と思ったものもあったけど
こういう時は
全部、一旦解除するのが大事

本当に大事なら
また再契約すればいい

でも、
そんなものはほとんどない

これからは
本当に時代が変わる
加速していく

今まで以上に
身軽さが求められると思う

ジムに行くのをやめた理由

2015年から2017年までジムに行っていて、
2017年の10月から自重に戻して、
3年近くになります。

食わず嫌いが多い僕としては、
ジム通いは本当にハマったことの1つだった。

でも、
それでも
ジムに行くのをやめたのは、
完全にコスパが悪いから。

体を作るために
ジムに行く必要があったり=時間
機材が必要だったり=お金・場所

キープするために
プロテインが必要だったり=お金
タンパク質を重視した食事が必要だったり=お金・時間

いろいろなものが必要になる上に、
怪我したりw

ちょうどこの期間、
ジムに行ってたら、
3ヶ月くらい休業でトレーニングできなかったことになる

シンプルが1番。

でも、スタイル的には、
ジムの方がいい感じなんだよな…

やり方が悪いのか。

全てのサブスクはキャンセルしようと思う件

全てのサブスクはキャンセルしようと思う件

何度か言ってるけど、
サブスクは、
売る方にとって得であって
買う方にとっては全く得ではない

それがどんなに安くても
ほとんどの場合、
その年間トータル料金ほど
使いこなせてない

だから
それ自体が何かを生み出してないサブスクは
全てキャンセルしようと思う

特にここ最近のように
時代が急速に変化している時には、
できるだけ身軽な方がいい

それにしても
時代はミニマル一直線

「個」の時代と言われて久しいけど、

とんでもなく加速していってる

強制的に加速していってる

待ったなし
っすね!

静かに 激しく 動いていく時代

この10年、ものすごくユルい時代だったかもしれない
誰でも頑張ればなんとかなれた時代
僕もそうだし
周りもそうだった

そして僕は
コツコツ、亀の歩みで
継続していけば色々なことが成就する
そう思ってたし、
それが自分らしいと思ってきた

でも
2018年くらいから
結構、違和感が出てきた

一点集中?で書いてるように、
1つのことを集中しているだけでは
どうにもならなくなってきた

そして今回、
完全にそう感じるようになった

ああ、
あの時の違和感、
ここ1、2年
感じていた違和感は
本当だった

しかも
今回のことで
それが加速している

今まで
それこそ
何十年単位で続いてきたものが
崩される

しかも
そのことに対して
受け入れるしかない時代

不思議なのは
こういう風だからこそ
伝えたいこと、
つまり
歌いたいことがたくさん出てくるw

静かに
激しく
動いていく時代