iPad Proを操る少年

こういうの見ちゃうと
負けてらんねーなって思うんだよなw
まだまだiPad Proで知らないことが多すぎる
全然MacBookの代わりになるには時間がかかるって思ってたけど
こうなってくると
こっちを触って新しい可能性に身を浸した方がいいような気がしてきた

iPad Pro10.5

iPad Pro10.5

とうとう手に入れたiPad Pro
アナログのメモはずっとモレスキンに書いてきたけど
ずっとデジタルにできればなと思ってきた

iPad Air2は持ってたんだけど
http://snbrand.com/?p=4558
proはまだいいかなと思っていた

でも茂木さんが
もう何年も手書きのメモはほぼ紙に書かずに
iPad Proに書いている
と知って

こういう人が何年も使っているのであれば
間違いないだろう
と思って購入

使ってみて…

もちろん100%イメージ通りではない
それにこうなってくると
いよいよiPad Proだけで仕事ができないだろうか?
と考えてしまう

どうしても1つにしたい性格なんだよな
Aにはこれ
Bにはこれ
じゃなくて
多少無理してもAにもBにもこれ1本で通してしまいたい性格

だから初めてのmacはPowerBookだった
もちろんサブじゃなくメインw

でもApple Watchといい
iPad Proといい
手にしなければわからないものってあるね!

別に高い服やバッグや車にお金をかけるわけではないんだから
大好きなブランドにはお金を使いたい
心に与える栄養がハンパないから!

教科書

精神だったら「道は開ける」
肉体だったら「プリズナートレーニング」
家庭だったら「人を動かす」
語学だったら「英語は絶対勉強するな」
仕事だったら「スティーブ・ジョブズ」
お金だったら「金持ち父さん貧乏父さん」
その他、村上春樹の「走るときについて語るときに僕の語ること」

これらの本の特徴は「理念」があること

このような本を見ていると
巷で雨後の筍のようにどんどん出てくるビジネス本は「薄い」と感じるようになってきた
時代はどんどん変わっていくけど
たかだか数年の成功体験だとね…

小手先だけで器用に生きるのではなく
一生をかけて続けていくこと

このような本を一字一句読んでいる方が
ビジネス本を年100冊読むよりも血となり肉となるのではないだろうか?

15年

そろそろ英語を本気でやろうと思う
自分の一生をかけるビジネスで英語はやっぱり必要だ
英語を覚えたいと思ったのは15年前
風邪で寝てる時にたまたま聞いた基礎英語のほとんどを理解できたから
自慢じゃないけど英語なんて学校では勉強したことはなかったけど
英語のカバーはしょっちゅう歌ってきたのでなんとなく
わかってしまったのだと思う
それから英宅というメルマガの元になった方法で英語を覚えて
なんとか高校受験英語まではいけるようになった
でもそんなんじゃ全然ダメで
その前後で始めた方法で思いっきり挫折した
そしてなんだかんだで15年
なんにもできてないじゃん?
だからその挫折した方法でもう一度やってみようと思う
なぜなら挫折した理由が
大変だからという理由だし
大変なことを続けることでしか物事はうまくいかないから
少なくとも自分はそういうタイプだから

そういえばApple Watch3

そういえばApple Watch3

iPhoneXが話題ですが、
個人的にヒットなのはApple Watch3です。
Apple Watchを使っているとiPhoneを持って出かけたくなる時があるんですねw
でも電話がないという不安感はなんとなくあるじゃないですか?
でもApple Watch3なら電話もOK。
これこそ求めていた機能。
あとは図書館カード、ジムの会員証、免許証がデジタル化されればApple Watchだけ持ってればOKっていう時代が来そう!
充電もワイヤレスでできるようにならないかなって思ってたらできてるし(ちょっとイメージと違うけど)、Appleって「こうならないかな」っていうのをどんどん出してくるんだよな。
あとはiPadがライブ変換に対応して欲しいのと、iPhone用の純正ペンシルが出て欲しい。
それと行政が色々な証明書などをデジタル対応して欲しい。

知多ハイボール

知多ハイボール

色々なウイスキーでハイボールを飲んで来て
居酒屋やレストランでも色々なハイボールを試して来たけど
サントリーウイスキー「知多」のハイボールはヤバイね
敵なし
飲むたびに幸せになる

いろんなとこが痛てーw

いろんなとこが痛てーw

だいたい2日に1日は筋肉痛でいろんなとこが痛いですw

ベンチは1回1回しっかり丁寧に行うようにしたら毎回胸が痛い

スクワットはフルだと思ったのがパラレルも怪しかったのでしっかりしゃがむフルボトムに変えたら重量半分なのに今度はひざに来たw
でも走るときに多少の痛みがあるもののトレーニング中は痛まなくなって来たのでもうちょっとでコツを覚えると思う

デッドリフトは新しい重量に来るといつもとんでもない筋肉痛がくるw

でもこれらの痛みは気持ちいい痛み

周りは僕の2倍〜4倍挙げているのでそういった人たちから見たら幼稚園生みたいなもんかもしれないけど
そういう人たちと比較するのではなく
自分の過去と比較すれば今の方がパワーがあるわけで…

6〜7年後に照準を合わせて
少しずつ少しずつ亀のように

とにかく筋トレにしても仕事にしても
続けることが大事
というか続けること以外大事じゃない

面白い名言がある

したい人、10,000人
始める人、100人
続ける人、1人

Youtuber

なんか子供の「将来なりたい職業」でYoutuberが上位らしいw
まあ、ああいうのもどれだけの信憑性があるかわからないけど
でもたぶん彼らが大人になるときにはYoutuberという仕事はないと思う
でもだからその夢をあきらめるんじゃなくて
今めちゃめちゃ真剣にやっていれば色々なことがつながってくる
「点と点は線でつながる」ってやつ
例えば動画を撮って編集してアップして
こういった一連の作業って紛れもなくプロデュースだから
どうしたらもっと見てもらえるのか?
どんなコンテンツが求められているのか?
「何をやるか」ということよりも「どんなことを考えながらやるか」ということの方が100倍大事だと思う
これから大事なのは適応力なのかもしれない
どんどん時代は変わっていく
どんどんがっついた方がいいと思う
それと同時に体と心を鍛えぬくことも大事
…と自分に言い聞かせる2017年夏の終わり

色々なメディアを体験してきた世代

最近は新しい音楽情報を得る手段として1番選ばれているのがYoutubeらしい
ネットを駆使すれば色々な音源が無料で手にはいる時代ということなのかな
僕もたくさんあったCDは全てデータ化した
ただそれは便利だからとかじゃなくて
MacやiPhoneで聞く、見る、触れる美しさや楽しみやドキドキがあるから
たぶんWi◯d◯wsしかなかったらCDの方が良かったかも

本当にMacへの誘いを「これでもか!」としてくれたF氏には感謝したい
そしてApple製品の裏の裏まで深く深く深〜く教えてくれたR氏にも

でも色々なメディアを体験してきたことは宝物だと思う
レコード、CD、テープ、MD…etc

今は走るときは時計で音楽を聴いてる
Apple Watch
時計で音楽を聴ける時代が来るなんて思わなかったけど
Apple Watchが出て来るとイメージできるから不思議

これからはAIなどによって淘汰されるものがたくさん出て来ると思うけど
「感動」の価値には変わりがない

だから「心が入ってないもの」「温かみがないもの」が淘汰されると思っている人も多いかもしれないけど

「便利」だけを求めて「感動」のないものが淘汰されていくんだと思う

そして僕はApple製品を便利だからと思って使ってるわけじゃない

ドキドキするから
使ってる

神宮球場2017.7.27

3年ぶり(?)に神宮球場にドラゴンズを応援しに行きました。

7/26の10点差をひっくり返されたゲームのあとだから勝つかなって思っていましたが、
やっぱり負けました(爆)
11-2という大差。
隣にいた20代くらいの子が「神宮って相性悪いんだよな」って言ってたけど
おじさんなんか、もう20年以上相性悪いまま神宮にほとんど毎年応援しに来てんだかんな(爆)
神宮で勝ったのはたぶん2回くらい。
あと全部負けw
しかも逆転負け率85%くらいw
でも多くの球場がドームになって行く中、夜空が見える神宮球場は本当に貴重。
そして花火もキレイだった。

ただ、
・チケットの値上げ(1,500円から2,100円)
・3塁側までほとんどヤクルト応援席
この2点だけは気分悪いな…

まあ、勝ちゃいいんだけど!