システムづくり

システムづくり

実は2018年の10月、
つまり今年の10月から音楽活動を再開するつもりでした

そのためにこの5年間
準備してきたつもりでした

結論から言うと
もう少しかかりそうです

というのも
自分は音楽をやるなら
100%、もしくは100%近くなんの不安もなしに音楽に費やしたい

そんなこと無理だって思うでしょ?
でも全然可能なんです
しかもそれをやっている人に会うことができた

これはとんでもないレベルのスーパーラッキー
自分だけで探してたら全然わからなかった…

仕事をしながら音楽をやっている人たちはすごいと思うけど
自分の場合それは無理
寝てる時も走ってる時も音楽になってしまうからw

ていうか
芸術ってそんな片手間でできるものではない

僕は1世紀以上愛される作品を遺したい

今ようやくそういうことができるための
システムづくりを開始しました

捨てなければいけないものも多く
正直キツイです

しかも何年かかるかわかりません

ただ
自分の中では2019年7月31日までに
なんとか目処をつけたいと思っています

先日
かっこいいバンドのライブを見にいきました
相当影響受けました

先日
スタジオのようなところでギターとピアノを弾いてきました
錆びついた技術に相当衝撃受けました

ただ音楽を大好きだという気持ちは
強く熱く太く重くなっています!

ボヘミアンラプソディー

ボヘミアンラプソディー

クイーンの映画を見に行った
川口のARIOというところ
平日だったのでお客さんもまばらだった

結論から言うと
最高だった

音楽の美しいところと強いところ、
悲しいところと激しいところ、
全てを併せ持った音楽

僕はクイーンというとブライアンメイのギターしか興味なかったんだけど
フレディマーキュリーの歌の魅力が頭から離れない

映画って結構
音いいんだな

やっぱり映画は映画館で見るべきだ

英語がわかりやすかった
世界標準に合わせてるんだろうか

ああ
英語の勉強のためにも動画で見よう

ところで
僕とクイーンの出会いは15歳の頃
ジョニーサンダースみたいにかっこいい友達に教えてもらった
なんて美しい声なんだろうと思った

ライブエイドは終わってる頃だし
その存在も知らなかった

僕はその頃
バッドボーイズロックといって
髪の長い人たちのロックに夢中だったので
クイーンへの興味はそこまで続かなかったけど

今回
映画に誘われて
行ってみて本当に良かった

音楽ってすごいなと思う

しょーもない人生を「生き様」に変えてしまうのが音楽であり
しょーもない人生の毛細血管に熱い血液を流してくれるのも音楽

来年のドラゴンズ、なんかちょっといい感じ

来年のドラゴンズ、なんかちょっといい感じ

与田監督というのは予想外だったけど
伊東さんがヘッドコーチになったり
阿波野さんがピッチャーコーチ
そして中村さんが帰ってきてくれた
内外の率がいい感じだし
実績があるところがいい
根尾選手がどうなるのか
そして問題は
抑えとキャッチャーですね
大野選手が本領発揮するのか
MMが引き離すのか
少なくとも優勝はするだろう
クライマックス突破や日本一がどうかは別として

【iPhone】ソフトバンクで残データ容量が0になって通信速度制限が頻繁に起こるのはメモが原因だった可能性

【iPhone】ソフトバンクで残データ容量が0になって通信速度制限が頻繁に起こるのはメモが原因だった可能性

9月から10月にかけて計6回ほど
「データ容量が0になったので、通信速度制限をする」
とソフトバンクからメッセージがあった

デフォルトの通信データは2GBで
容量が0になるのは、
帰省などでデザリングを頻繁に行っていた時のみだったので
意味がわからなかった

ネットで調べると
1位から10位まで同じことが書いてあって
どれも役に立たなかったw
たぶん自分で体験してないで書いたんだろう

ということで
ソフトバンクに2回電話してみたけど
最終的にはモバイルデータ通信をオフにしてくれと…

iPhoneの意味がないんですけど?

ということで
困った時のアップルサポート!

やっぱり
解決につながるヒントをたくさんいただきました!

色々とテストしていただいた結果
どうもメモが悪さをしているらしいことが判明

同期がうまくいっておらず
メモを立ち上げると
ずっとグルグル回っている状態だった

そして1,000件以上のメモがあることも
問題らしかった

僕はこのメモはiPhoneを使う2008年より前から愛用しているので10年以上使っているわけだけど
少なくともここ3年くらいはずっと同期トラブルを抱えていた
重かったり
固まったり

そこで最終手段として必要最低限のメモ以外をローカルに移して
iCloudのメモは数件だけにしたところ
なんとかなったっぽい

ただ
iPhoneで書いたメモだけが
iPad ProやMacに同期されるのが遅い、
もしくは同期されない
という現象が

これはもしかすると
iPhone自体の容量が足りてないせいかもしれないとのこと

32GB中30.7GB使用中

これはいよいよiPhone Xか?

キャッシュレス

僕は10年以上前から財布を持っていない
Mini5というミニ手帳にカードだけ入れて現金は一切持たなかった

当時は(というか今でもだけど)
変人扱いされた

「現金が必要なことが起こったらどうするの?」

必ず言われたし僕自身そういった不安がないわけでもなかった

でも基本的にほとんどの不安は実際には起こらない

この10年で現金を持たずに財布を持たずに困ったことは記憶にない

現金しか使えないお店は利用しないし
そもそもお金を使わなかった

今ようやく
キャッシュレスとか言って
みんながんばってるw

ノマドとかミニマリストってかんじでww

僕に未来予測能力などあるはずもなく
ただ単に
深〜く考えた結果
現金や財布は持つ必要ないと判断して
実行しただけ

でもこの「深〜く考える」という作業がものすごく大事だと思う気持ちは
当時も今も変わらない

それと同じことを今度はiPad Proに感じている

iPad ProのCMを見たときは強烈だった

このCMも強烈

「この子たちはこんな風にiPad Proを使うんだ」
「この使い方はPCの延長線上じゃない」

なんというか
未来が僕のまったく知らない方へ行く気がして
嫉妬するのと同じくらいドキドキした

う〜ん
正直いうと
嫉妬の方が大きい…

それでも僕はiPad ProをPCの延長線上的な使い方をしていた

だからちょっと困ったことが起こると
PCに頼ろうとしていた

だけど

keynoteにあったように
本当にPCはリプレースされるのではないか?
iPad Proこそパーソナルなツールなのではないか?

キャッシュレスが当たり前になっていくように
PCはリプレースされるような気がしてきた

iPhoneでもいいんだけど
iPhoneだと俯瞰できないんだよな…
iPhoneだったら
Split Viewができて壁とかテーブルにプロジェクター的な使い方ができればいいのかな…

中日ドラゴンズファン

なんだろう?

どんなにひどい負け方をしても
何度負けても
結局次の日になると結果が気になる

どんなに連敗して
シーズンを完全にあきらめかけても
連勝し出して
希望が見えてくると
いてもたってもいられなくなる

ベテランに頼りっきりだった数年前と比べて
最近のメンバーはいい感じ

あとはキャッチャーを固定して
ピッチャーだな

ポテンシャルはすごいピッチャーばっかなんだけど…

関係ないけど
大阪桐蔭のショートさん獲れるかな?

ギャラクシーの後追い感

ギャラクシーの後追い感

新しいiPhoneが出たけど
SNSを見てると
ギャラクシーの後追い感
というコメントが目立つなー

あの…

プラットフォームに依存してるメデイアは
どこがソースなのか?
ということをしっかりと把握した方がいいっす

意見というのは100%はあり得ないので
どちらをピックアップするかというのは
ソース先のコントロールにかかってるわけですよ

という話は
置いといて

ギャラクシーの後追い感
というのであれば
まったく否定しないので
どうぞ
ギャラクシーへ

iPhoneは
スマホじゃなくて
iPhoneなんすよ

そして
iPhone以外は
スマホなんすよ

この明確な違いは
後追いだろうが
なんだろうが
動かせないんすよ

僕らは
業務用品ではなく
芸術品を使って
仕事ができる時代に住んでるんですよ

XSとXR
どっちを買おうかな?
来年の2月くらいかな

9月っすね

もしかすると僕は音楽をやめたと思っている人もいるかもしれないけど
期待に応えられなくてごめんなさいw

僕は音楽をやめたと思ったこともあきらめたと思ったことも1度もないし
音楽に限らず何かを創ったり発信したりできる人は絶対にやるべきだと思う
そういう気持ちって
そういう才能って
誰にでも持てるものではないかもしれないから


僕はずっと世界に音楽を発信したいと考えていて
それには英語での作詞が欠かせないと思っていたんだけど
日本で生まれて日本で育ったことのアイデンティティーは無理やり作り上げた英詞では半分も活かせない気がして来た

だけど世界の人たちとコミュニケーションを取りたい
どうすればいい?