iPad Pro11と新御三家

iPad Pro11を買いました
1TB
3B73E6B0-9367-451F-94DD-1030918A4339

今年に入ってから半分以上の仕事をiPad Proで行なっていたのでありかなと
1TBもあるので少しはアプリを試してみようかなと思います

ということで新御三家
8F63846D-A036-4A9D-A24F-48EC62EA040A

ちょうど月曜日からのど痛で休んでますが
iPhone XSは寝ながら仕事できてしまう!

すごい時代になったもんだ

フリック入力もそこそこになってきたので
頭にあることに追いつかなくて焦るということもなくなってきた

これは本当にすごい時代になってきた
どんどん理想に近づいてきてる

Apple製品は完全に未来への投資なので
LTVが高くなってしまうのはしょうがない

ケチらずにどんどん体験した方がいいっすね!

あとは折りたたみのiPhoneかiPad Proができればどちらか1つということもあり得るのだろうか?

とりあえず
しばらくは
iPhoneとiPad ProのiOS最強タッグを試してみたいと思う

iPhone XS

iPhone XS
とうとう買いました!iPhone XS
すごい美しい…
はぁ…
256GBにした
完全に仕事するつもりで
はっきりいって
今使ってるiPad Proより高いw
だからそれ以上の投資にならなければ
嘘でしょ
Siriやらショートカットやら
めちゃめちゃ利用して
秘書さんになってもらおう!
しかし本当に美しいな…

さらば「メモ」

完全にメモとは決別しなければならない時が来たようだ

ちゃんと使えればこんなに使いやすくて
大好きなアプリはないんだけど

僕が言っているメモとは
Apple純正のメモアプリのこと

僕はこのメモアプリを少なくともiPhoneを購入した2008年から10年以上位に渡って愛用してきた

ただ
このメモアプリ
同じメモがダブったり
同期が遅くなったりして
色々と面倒なことが増えてきた

そしてiPad Pro購入時に1番試してみたかった「インスタントメモ」は一瞬で落ちたw

さらに決定的だったのが昨年末
なぜかiPhoneのモバイル通信のデータ容量が勝手に増えてしまう

これはソフバンのせいだと思ってサポートに電話してもダメ
調べに調べて対策してもダメ

Appleサポートには数カ月(9〜12月)にわたってエンジニアさんも通して対応してもらったけどダメ
今度はiPhoneのモバイル通信だけじゃなく
データ容量まで増えてしまうことに

メモを入れているだけで
iPhoneのストレージの「その他」が何回工場出荷に戻しても1ヶ月でパンパンになってしまう…
IMG_0101

試しにメモをiPhoneから消してみたところ
まったくiPhoneストレージもモバイル通信のデータ量も増えなくなった

ちなみにメモは1300くらいあるw

そのメモを10個くらいにすれば元に戻るのかもしれない

でもそれはメモじゃない

たとえば
カレンダーにはiCal時代の2004年から十数年にわたってイベントが入っている

ここにはただのイベントだけではなく
そこで誰がなんと言ったのか?といったことまで細かく書かれている

それがすべて検索できるようになっているからこそのカレンダー

これが前後6ヶ月の予定しか見れないのであれば僕にとってカレンダーではない

ただ今の僕のiPad Proではすべてのイベントを見られるようにするとカレンダーが重くなってしまうので6ヶ月単位にしているけど(新iPad Proに期待)
MacBook Proでは完全にすべてのイベント+詳細が検索できる

それでこそApple
人生をともにしていくApple

今は完全にEvernoteにメモの役目を負ってもらっている

ちなみにEvernoteにも仕事はもちろん
健康・家庭・精神・知識・経済のことすべて入っている

ということは
母体は変わらずに
データを入れるアプリは時代とともに変わっていくということか?

メモをすべてEvernoteに移しちゃえばいいじゃん
と思うかもしれないけど

メモアプリは美しいのです
創造力を掻き立てられるのです

Evernoteは美しくないわけではないけど
メモには劣る

ああ
やっぱり
メモがいい…

歌詞もいっぱい書いてある

そこから膨らませられるものが
Evernoteとメモでは雲泥の差になってしまう

まんぷく

朝ドラ見てますか?

純と愛で朝ドラを知って
あまちゃん〜はリアルで見てなかったんだけど
マッサンからはずっと見てますw

マッサンとあさが来たは仕事で学ぶところがありすぎた

名言はいくつもメモして
毎週日曜日に読み返しています

それにしても
マッサンにしても
あさが来たにしても
そうだけど
とと姉ちゃんの時は
まさにこういう気持ちで仕事をしようと思う金言であふれていた
(特に花山さんの言葉)

だけど今回のまんぷくほど
まさに「自分のために作られた」と感じる朝ドラはない

1人だったら毎回泣いているレベル

ドラマが終了したら
本を何冊か読んで
この人のことを勉強したい

この人を見ていると
自分の悩みなんてちっぽけだな
って感じる

本当に素晴らしいドラマだ

りんご3兄弟

りんご3兄弟
りんご3兄弟

結果的に
MacBook Pro
iPad Pro
iPhone
と3つを使ってきているけど

さて
どうしたものか?

最近
10代や20代の人たちの
iPhoneやiPad Proの使い方に驚かされることが多い

ひょっとして
今PCでしかできないことのすべては
iPad ProやiPhone(もしくは他のもの)で
できるようになるのかも

iPad Proがノートパソコンの代わりになるか?
なんてお題でブログや動画アップしてる人って
おっさんばっかで

実は20代以下の人たちは
ふつーに
僕たちがパソコンを使ってきたような感覚で
「できないことなんてないけど?」
って使いこなしているのかもしれない

これはものすごく脅威

なぜなら
自分の考え出すものが古いものになってしまう確率が高くなってくるから

今はまだいろいろなことが
MacBook Proのほうが効率がいい

ただ
iPad ProをMacBook Proと同じような使い方をしようとしているから
MacBook Proのほうが効率がいいのであって
もっと違うやり方があるんだと思う

僕は音楽制作や動画制作をやりたいわけだけど
近い将来
新しい形でiPad Proで音楽ができるようになるのかも

そうなってくると
iPad ProはMacBook Proのサブではいけない

メインマシンをiPad Proにしなくてはいけない
昨年挑戦して挫折したけど
MacBook Proでしかできないことは捨てられるだけ捨てて
挑戦したい気持ちが出てきた

明らかに未来はiPad Proのほうにある

ここで書いてあることにほぼ同意

システムづくり

システムづくり

実は2018年の10月、
つまり今年の10月から音楽活動を再開するつもりでした

そのためにこの5年間
準備してきたつもりでした

結論から言うと
もう少しかかりそうです

というのも
自分は音楽をやるなら
100%、もしくは100%近くなんの不安もなしに音楽に費やしたい

そんなこと無理だって思うでしょ?
でも全然可能なんです
しかもそれをやっている人に会うことができた

これはとんでもないレベルのスーパーラッキー
自分だけで探してたら全然わからなかった…

仕事をしながら音楽をやっている人たちはすごいと思うけど
自分の場合それは無理
寝てる時も走ってる時も音楽になってしまうからw

ていうか
芸術ってそんな片手間でできるものではない

僕は1世紀以上愛される作品を遺したい

今ようやくそういうことができるための
システムづくりを開始しました

捨てなければいけないものも多く
正直キツイです

しかも何年かかるかわかりません

ただ
自分の中では2019年7月31日までに
なんとか目処をつけたいと思っています

先日
かっこいいバンドのライブを見にいきました
相当影響受けました

先日
スタジオのようなところでギターとピアノを弾いてきました
錆びついた技術に相当衝撃受けました

ただ音楽を大好きだという気持ちは
強く熱く太く重くなっています!

ボヘミアンラプソディー

ボヘミアンラプソディー

クイーンの映画を見に行った
川口のARIOというところ
平日だったのでお客さんもまばらだった

結論から言うと
最高だった

音楽の美しいところと強いところ、
悲しいところと激しいところ、
全てを併せ持った音楽

僕はクイーンというとブライアンメイのギターしか興味なかったんだけど
フレディマーキュリーの歌の魅力が頭から離れない

映画って結構
音いいんだな

やっぱり映画は映画館で見るべきだ

英語がわかりやすかった
世界標準に合わせてるんだろうか

ああ
英語の勉強のためにも動画で見よう

ところで
僕とクイーンの出会いは15歳の頃
ジョニーサンダースみたいにかっこいい友達に教えてもらった
なんて美しい声なんだろうと思った

ライブエイドは終わってる頃だし
その存在も知らなかった

僕はその頃
バッドボーイズロックといって
髪の長い人たちのロックに夢中だったので
クイーンへの興味はそこまで続かなかったけど

今回
映画に誘われて
行ってみて本当に良かった

音楽ってすごいなと思う

しょーもない人生を「生き様」に変えてしまうのが音楽であり
しょーもない人生の毛細血管に熱い血液を流してくれるのも音楽

来年のドラゴンズ、なんかちょっといい感じ

来年のドラゴンズ、なんかちょっといい感じ

与田監督というのは予想外だったけど
伊東さんがヘッドコーチになったり
阿波野さんがピッチャーコーチ
そして中村さんが帰ってきてくれた
内外の率がいい感じだし
実績があるところがいい
根尾選手がどうなるのか
そして問題は
抑えとキャッチャーですね
大野選手が本領発揮するのか
MMが引き離すのか
少なくとも優勝はするだろう
クライマックス突破や日本一がどうかは別として