Category Archives: ミックス漫遊記

スタジオでマスタリングVol.2

ようやくCDのプレス~その他諸々の会社が決まりそう。
会社に話し合いに行きました。
前回は、すべてメールや電話での対応で実際にお会いすることがなかったので
今回は、実際に会って色々と聞きたいことがありました。
ものすごく丁寧に相談に乗って頂き、ありがとうございました!
ということで
2回目のスタジオマスタリング。
リファレンスCDは
DaLata のSerious
低音がきれいだし、うたものなので
かなり参考。
4U
ローOKリファレンスと比べてもOK
逆にローで過ぎか?スピーカーが時々、びびる
Sine Bass -8.2 から-9.1へ
ベースD2のみベロシティー127から80へ
コーラスのローをデフォルメしたのは正解かも。
ソロでギターのコードがおかしいところがある
L-heart
ボーカルがぼやけてる
ギターその他色々なパートにリバーブかけ過ぎか?
やっぱりドラムが少し小さい
7dayZ
イントロのアコギのつぶが揃ってない。もう少しコンプ
アタックがいきなりすぎるものがある。
ソロ最後の静かな箇所にギターのピックアップが拾ったノイズが
入ってたので除去
Xtasy
yeah がきれいに切れてないので、フェードアウトしようと思ったが
サンプリングらしさが出なくなるのでこのままで
終わらない旅
思った通り、4つ打ちイン後、ベースを生とシンベ2つ重ねてるので
音程感がなくなってるけど、これでいいと思う。
コードプログレッションは、1番でつかめると思う。
後は、勢い。終わらない旅だから。
ウー、広げるか?ハイ上げか?
ウー部分だけ、シンセの白玉をオクターブ上げるか?
レボシューションゲーム
ボーカルの吹かれを取る
最後のノイズ除去
シンパシー
高音のコーラス0.5dbずつ上げた。
【前回マスタリングの調整】
シンパシー
ソロ後半、ソロと白玉のピアノがぶつかってる?
10/11 OK
EGO
Vo.リバーブ強い?
Vo.ハイで過ぎ?
10/11 OK
君を見てるのに
ドラムうるさい。リバーブかけ過ぎ?
ドラム下げるorノイズゲートでタイトにする?
ベースをアップ
10/11 OK
コンプをAux経由にし、
オーバードライブを0から-6.0に
muchbetter
鍵盤のアタック「とんとん」という音が聞こえる。アタックを遅くするorハイパスフィルターで200以下カット
10/11 OK
ハイパスを使うと、エレピの色気がなくなるのでこれでよしとする。
愛している
アカペラのIloveyouに吹かれ
サイドギターもAux経由コンプにする?
ラストのIloveyouをフェードアウトで
揃えること。
10/11 OK
アカペラのIloveyouの吹かれを除去
clay

ラスト曲。L-heartマスタリング前夜

ラスト曲。L-heartマスタリング前夜
【トライ】
ドラム小さいので
コンプのGainを0.5上げた。
aボーカル小さいので
aメロのVo.1db上げた。
そ・し・て、もっとデフォルメ出来ないか?
そこの部分だけ、オートメーションで上げた。
ラストの盛り上がり部の
「君は目を閉じる」
今のままだとダンゴになってるので
コーラスをラジオボイスにしてみたが
うまくいかないので
Stereo Spread をデフォルトからLowとHiを上げるものに変更
Dr-Other -4db
Shaker -4db
E-piano -4db
Gt -4db
リズム隊のみでチェック
ベースをピアノ音色でチェック
うわもののみでチェック
ボーカルのみでチェック
Dメロの「Wa」コーラスすべてにフェードイン、フェードアウト。
「君は目を閉じる」のコーラスにノイズゲート
clay

スタジオでマスタリングVol.1<続き>

リファレンスCD
Forss サンプリング主体の曲が多いので
中低域には参考になるけど、高域が...
今度は、割とハイファイなヤツを持って行こう
【マスタリング】
シンパシー
ソロ後半、ソロと白玉のピアノがぶつかってる?
EGO
Vo.リバーブ強い?
Vo.ハイで過ぎ?
君を見てるのに
ドラムうるさい。リバーブかけ過ぎ?
ドラム下げるorノイズゲートでタイトにする?
ベースをアップ
muchbetter
鍵盤のアタック「とんとん」という音が聞こえる。アタックを遅くするorハイパスフィルターで200以下カット
愛している
アカペラのIloveyouに吹かれ
サイドギターもAux経由コンプにする?
ラストのIloveyouをフェードアウトで
揃えること。
プレゼント
AメロVo.聞こえない。
リバーブ少なくする
ソロ、「弦擦れ」下げる
ソヲダロ?
イントロのサンプル「ソヲダロ」の「ソ」がカットされている
キックをアップ
ローが足りないような気がするがスピーカーの特性かも。

特になし
nomore
コーラス小さいか?
シンセ小さくしてコーラス上げるか?
Believe
Vo.小さい
サビ、ストリングス聞こえない
注意点
ミキサーの「Monitor」を
左右に振り切らないとPanが効かない
clay

スタジオでマスタリングVo.1

スタジオでマスタリングVo.1
また、やってしまった...
スタジオに着いてセッティングしてたら
USBケーブル忘れた!
ホントに
ここまで来ると素晴らしい。
僕の場合
絶対にチェックリストを作らなければダメだな。
また
USBケーブルを取りに行くために
時間のロスが発生してしまった。
気を録り直して
作業開始。
やっぱり
でかい音で聞くのは大切だ。
ヘッドホンでは気付かないところに
気付かせてくれる。
リファレンスCDは
forss/Soulhack
を持って行った。
結論としては
あまりイメージと外れたところが多くなく、
まあまあだと思います。
ただ、
曲によって、ボーカルやストリングスなどの中域が
聞こえなくなるので
なんでだろう?
って思ってたら
また
やってしまった...
Panを振るのを忘れてた(笑)
基本中の基本ですね。
だって、
Panって書いてないんだもん
このミキサー。
ということで
Panを振りきったら
今まで聞こえなかったところが聞こえるようになりましたとさ。
めでたし
めでたし
このマスタリングの模様は
ちょっとだけ
ビデオに撮ったので
落ち着いたら紹介出来ると思います。
あと
最低でも、もう一回は
スタジオでマスタリングする予定です。
clay

シンパシー、マスタリング前夜

【トライ】
イントロのR&Bリードシンセ。
ポルタメントをつけてフワーッっとアタックがあがるように
今のままだと淡白になりすぎてる
が、あまりアタックを遅すぎるとメロディーの印象が
薄れてしまうので気持ちだけアタックを遅くした。
ドラムイン前のリバースクラッシュをデフォルメ
1/2のトレモロでパンを振り、ボリュームをだんだん上げる
ピアノソロ、トリルを大きく
ベロシティーを60→80
感じ続けていたいだけ

「だけ」をデフォルメし
次のサビに効果的につなげるために
4分のディレイをかけ、
クラップをミュート
「強く」に4分のディレイ
リズム隊のみでチェック
生ドラムEQ、3k10kを気持ち上げた。
うわもののみでチェック。
ボーカルコーラスのみでチェック
「シンパシー」
の「パ」を音程がよく分かるように少し上げる
ベースの音色をピアノでチェック
レコードノイズの終わりをエンディングの1拍前に設定
コンプ、busからAux経由に
Clash-5.1→-9.1
Snap -0 →-4
Planet(生ドラム) -0.5→-4.3
ピアノソロ-2.9→ -6.9
R&B LEAD-12→ -16
Gt 0→ -4
Noise -2.7 → -6.7
Cho low1 -4.8→ -8.8
Cho low2 -5.5 → -9.5
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【エラー】
最初のサビに上に抜けるような高音の2分のディレイ
最後のサビには部分部分でオンオフを繰り返したディレイを。
と思ったが、時間が経って聞いたらダサイので却下
clay

君ヲ見テルノニ。& EGO マスタリング前夜

君ヲ見テルノニ。& EGO マスタリング前夜
君ヲ見テルノニ
【トライ】
口笛のソロに
かなりディレイを多めにかける
ハイパスフィルターで
口笛の200Hz以下を除去
リズム隊のみでチェック
最後のサビで1拍目のキックがミュートになってたのを直したのと
口笛ソロエンディングのフィルにクラッシュ4つ打ちを追加
うわもののみでチェック
Bus経由のコンプをAux経由に変更
Funk da -2.2→ -5.1
Leslie -1.4 →-4.3
Funk da breakセクションのフレーズ、最後のみ変更。
Leslie a1セクション2回目手前のフレーズ最後のみ変更。
Leslie イントロのおしりのデュレーションが切れてたので伸ばす。
Leslieソロ終わりのフィルのフレーズ変更
ギターのみでチェック
アコギ、小節頭からいきなり入ってたのでアタックを伸ばす。
あきらめはしないだろう...のあとノイズが入っていたのでオートメーションで
消す。
ボーカルコーラスのみでチェック
口笛のみでチェック
ベースをピアノ音色でチェック
Key=F ゴーストにBが入っていたのでB♭に変更
ーーーーーーーーーーーーーーーー
EGO
【トライ】
10/7不具合が出たのでいったん中止
10/8
アコギ(ストローク、リードともに)EQでハイを下げる。フラットにする。
コンデンサー臭さがあったので。
ベースをピアノ音色でチェック
ドラムとベースのみでチェック
うわもののみでチェック
Bus 経由のコンプをAux経由に
Strings -18→-22
Slow Rotary 0→-4
Ag1 -6.7→-10
Ag2 -6.7→-10
Eg -6→-10
エゴイズムのコーラス「ム」の後のプチノイズをクロスフェードで処理
ダイナミックマイクで録音したところに吹かれが入っているので
この部分のみにハイパスフィルター。
ボーカルコーラスのみでチェック。
ボコーダーのみでチェック
サビブレイク「それだけで」にノイズが入っていたので1番のサビのリージョンを
「Believe」の前まで貼り合わせる
clay

サクラダスト/much betterマスタリング前夜

サクラダスト/much betterマスタリング前夜
サクラダスト
【トライ】
You are You were になってしまってる are のアタックを出したが
areがいきなり過ぎる感じになってしまったので
頭にフェードをかけ、ゆっくり立ち上がるようにした。
ソロ前、コーラスの白玉のボリュームをかなり上げてソロへの期待感を付ける。
お互いの足りないとこを...ガイドのピアノが残ってたので消した
アコギ、コンデンサーマイクに元々あるハイを強調しすぎてたので
EQをフラットに変更。その際、ボリュームが小さくなったので
0.5dbアップ。
リズム隊のみでチェック
ベースの音色をピアノにしてチェック
lastのブレイク部でアコギにディレイが残っていたのでオートメーションで消す
以下をBusのコンプからAux経由のコンプに変更
Pc1-13→-17
Pc2-13→-17
Ag-2.2→-6.1
Synth-16→-19
うわもののみでチェック
ボーカルコーラスのみでチェック
much better
【トライ】
君を守るの「き」のアタックがいきなり過ぎるので頭を伸ばす
D♪出来る時をの「と」にプチノイズがあったので
2トラックあるうちのノイズのない方をペースとして40mscディレイでずらす。
Dメロ、他にもプチノイズがあったので、そこのみミュートする。
キックが弱かったので
キックの128Hzをピンポイントで+6dB
それに伴いキックとベースがぶつかってしまったので
ベースの295Hzをピンポイントで+5dB
ボーカルコーラスのみでチェック
うわもののみでチェック
ドラムとベースのみでチェック
ベースをピアノ音色でチェック
clay

愛しているマスタリング前夜

愛しているマスタリング前夜
愛しているは、3月4月で散々エディットしたので
あまりやることがなかった。
あとは、スタジオで「愛している」を大音量で聞いてどうか?
【愛している/トライ】
リズム隊のみ
うわもののみ
ギターのみ
ギターソロ前のピアノのフレーズ、ギターとかぶってるところを消した
ボーカルコーラスのみ
転調後♪愛している...の繰り返しにボーカルコーラスともにクロスフェード。
Aux経由でコンプ
ピアノ-2.7→-6.7に
ストリングス-3.0→-7.0
ソロ部のボイス-12→-14
Cho Double low -6→-10
clay
2nd Album 「S/N」out now!
ピックアップナンバー
愛している

プレゼントマスタリング前夜

プレゼントマスタリング前夜
この期に及んで
サビのサイドギターを録音しました(笑)!
【トライ】
最後のコーラス「right there for you」の繰り返しに「It’ll」を加えた
プレゼント、エンディングのメロディーパートのコーラスに輪唱っぽく
ディレイをかける
1a、歌聞こえない。aボーカルちょい上げるのをやめて
ハイ上げ、コーラスを上げることに。
きっと超えるだろう、こえる←きっちり切る(Vo.もChoも)
そのために2つに分けたボーカルトラックの、きっちり切れている方を
もう一つのリージョンにコピー、ディレイでタイムをずらして馴染ませる。
ギターソロ聞こえない。ので
オートメーションで上げた。
サビのハイギター3つともPod/Pod Clean(1つは、うるさいので2つに)
サビでクリーンギターLRで振って
ぱっと広がる感じに
ひとつは、2分のディレイ、もう一つは付点四分のディレイをかけて
掛け合うように。
C3前のフェイザードラムフィルのディレイをオートメーションで消す。
以下のトラックに
Aux経由でエフェクト(コンプ)をかける
それに伴い、
メインギター ー2,9→ ー12,4
Cho Pad
Gt_Backing
Gt_C2
Gt_C3
それぞれ-3dbずつ下げる
最初にリズム隊
次にリズム隊をミュートして歌ギターシンセのウワモノ系
最後のコーラスIt’ll be の be に吹かれがあったので
ハイパスフィルターでコーラス全体除去。
Bメロボーカルに吹かれがあったので
ハイパスフィルターで除去
ボーカル、コーラスのみ
シンセ+2db上げた
シンセ500~3Kちょい上げた
BメロVo.コンプのアウトプット+1db上げた
【エラー】
最後のright there for you
に合わせてカウンターでクランチギターは
サイドギターとぶつかってうるさくなるので却下
最後の
right there for youは
しめでポイントにするために
for とyouの間を半拍あけて終わろうと思ったが
ディレイをかけることで自然に終わってるのでこのままでいく。
サビブレイク後のフィルはPhazerをかけない。
♪神様からのプレゼントのところで
バックの音がだんだんあがって行く
(うたとバックでトラックを分けて、バックだけだんだん上がってく)
これは、以前の生ドラムタイプだったらハマったが、
今回のデジタルバージョンでは、ハマらないので却下
リズムが入ったところでアコギが2本になり
バッと広がった爽快感を出す
これはエレキギターを2つ入れることで表現出来ているのでやめる。
エンディングの♪ナナナにディレイorラジオボイス
clay

about ベースの音色チェック

ベースの音色チェックはこんな感じです。
まず、
ベースの音色をピアノに差し替えます。
これは、
僕のように電車など、騒々しいところでミックスしていると
低いベース音は、聞こえなくなるので
音を高くしてやるということです。
そして
ウィンドウを3つ用意します。
楽譜と
ピアノロールと
全体像
楽譜の調号を合わせておけば
間違ってる音には臨時記号がつくので
分かりやすいです。
ただ、
ゴーストノートや、一時的な変調などがあるので
音を聞いてないと音楽的な要素を消してしまいます。
ので
楽譜では、目で見て
ピアノロールでは耳で聞いて
目と耳、両方でチェックしています。

画像