LUNATIC CALM/METROPOL

♪【ジャンル/ビッグビート】♪
【LUNATIC CALM/METROPOL】(ルナティックカーム/メトロポール)
<UNIVERSAL VICTOR.INC./MVCE24050>
Metropol
——————————————————————
ダンスミュージックが進化するには他の要素を吸収して新しいものを
生み出すべきでテクノロジーがそれを可能にしている。
ギターやボーカルも今の時代に合うように音を処理してるんだ。
同時にグルーヴもいつも大切にしてる」
「ロックバンドは昔、リスナーにショックを与えることが出来たけど
近年では其の傾向が弱まってきた。
そういう意味で僕らはロック以上にロックしてると言えるかもね」
——————————————————————
上のインタビューはルナティックカームのメンバー、ハウイーによるもの。
聞き方によっては、変わらないスタイルのロックバンドを中傷する言葉
とも取れますが、この言葉だけでアルバムに対する興味をメチャメチャ
ひきつけられるのは僕だけではないと思います。
このアルバムも前回紹介した「APOLLO FOUR FORTY」同様、
30秒ほどのSEぽい曲で幕を開けます。
まずはベースをこれでもかと歪ませたリフでリスナーを釘付けにする
~「LEAVE YOU FAR BEHIND」(2曲目)~
某自動車メーカーのCMで流れていたので聴けばあ~っあれか!と
思う方も多いと思います。
この曲がCMで流れていた頃”ブンブンサテライツ“の掲示板では
ルナティックカームに関する書き込みがかなり多かったです。
同じようなスタイルの音楽としてブンブンサテライツのファンも
共鳴していたようです。
※余談1へ続く
このアルバムのタイトル「メトロポール」は
「メトロポリス=首都、都会など」の略で都会の音がアルバムの
そこら中に入っています。
DATを持ち歩き日常生活の音を録音してサンプリング。
電車のドアがしまる音を切り刻んでドラムの音として使ったり、
サンプラーならではのアイデア溢れるビートが満載です。
※余談2へ続く
シャックとハウイーというメンバー二人による、
ロンドンでのクラビングと今まで影響されてきたバンドへのオマージュ。
通常のダンスミュージックの多くが単調になりがちな中、
音に深みと多様性を与え、インパクトとダイナミックさをプラスした
1997年作のデビューアルバムです。
4年前のアルバムですが全然色あせてないです!
お薦めは、雄大なシンセストリングスから高速ブレイクビーツへとなだれ込む
  ~「ROLL THE DICE」(8曲目)~
ダンスミュージックでおなじみのフレーズとデジタルロックのワイルドな
ハーモニー。
タイトルからしてロックでしょ!?
Metropol

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *