アンダーワールド/エブリシング・エブリシング

今回紹介するのはテクノグループのアルバムなのですが、ここ最近はR&B系
やソウル系ばかり聞いていたのに久々にテクノ系を聞いて、やっぱこうい
うのも好きなんだよな~って一人で浸ってしまいました。しかも今回久々
にロック指数高めです!それでは行って見ましょう!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
▼CD紹介▼ 
♪【ジャンル/テクノ】♪

【アンダーワールド/エブリシング・エブリシング】

<V2CI/90>
——————————————————————
■□■□ ロック+ニューウェーブ×テクノ=アンダーワールド■□■□
このアルバムはテクノクリエーターにしては珍しくライブアルバムとなっ
ています。
そしてもっと珍しいのはコテコテのテクノグループなのにギター/ボーカル
が居るという事です。

アンダーワールドとしての活動歴は実に長く結成は今から約20年程も遡り
ます。80年代はなんとロックバンドとして活動していたのですが、90年代か
らはダレン・エマーソンというDJを加入させてクラブテイストを強めていき
ます。
アンダーワールドとの出会いは「トレイン・スポッティング」という薬と若
者を課題にしたアナーキーな映画でした。
この映画には他にもイギーポップやブラーなどのカッコイイナンバーがバ
ッググラウンドミュージックとして扱われていたのですが「ボーンスリッ
ピー」が流れた時のしびれ方は尋常ではありませんでした。

すかさずこの曲の入ったアルバムを手に入れた僕は当時あまりクラブ系が
得意ではなかったのでボーカルの入らない部分が多すぎるのを理由にアル
バム全体をよく聞かないでいたのですが
先日、酒屋(僕は酒好きです)の有線で流れていた曲のものすごくカッコ
イイエレクトリックギターのループに耳を惹かれまくって、後でボーンス
リッピーだった事が分かった瞬間鳥肌が止まりませんでした…。
その曲がライブアルバムに収録されている事を知りこのアルバムを購入し
たのですが、どの曲もギター&ボーカルの入れ方が「」良すぎます。
これだからロック出身のクリエーターはたまらない!

アンダーワールドといえばボーンスリッピーを収めた「2番目のタフガキ
(なんちゅうタイトル?!)」が有名ですがエネルギーや空気感はライブ
アルバムならではですよ!
アンダーワールドは多くのテクノクリエーターと違ってライブを大切にし
ているグループでありそれぞれの楽曲もライブ用にリアレンジされていま
すが、その中でも特に耳を惹くのがBPM(テンポ) をライブ用に上げてい
る事です。
ライブ中は演奏側も聞き手側もテンションが上がるものです。
当たり前な事かも知れませんがこの事を理解し、対処している事からも
ライブに対する考え方が違ってくるのだと思います。
このアルバムはライブの模様を収めたDVD盤もリリースされていますがアン
ダーワールドのメンバーも参加する 「TOMATO」というデザイン集団による
ヴィジュアルを重視したアートワークがステ―ジの巨大スクリーンに映し出
され9台のカメラを使用する凝った演出が楽しめます。

オリジナルアルバムを聞き飽きた人でも新しい楽しみ方が出来ますよ!
是非どうぞ!
♪解説♪———————————————————–

※「ダレン・エマーソン」
(アンダーワールドの若きDJ。2000年このアルバムを最後に脱退。)
※TOMATO
(イギリスを拠点に活躍する奇抜なデザイナー・チーム。アンダーワール
ドについてはツアーTシャツを作ったり、VJとしてライブに貢献したり
している。)


Underworld/Everything, Everything はこちらで試聴出来ます

↑の解説は、おもいっきり独断です。
興味を持った方は自分なりに調べてみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *