iPhoneをカメラとして使う写真家の話

なんか
この話
いいな

写真家のレイチェル・
ショートが、iPhoneで探求する簡素という美しさ

事故によってカメラを持てなくなってしまった彼女に
友人がiPhone4を贈ったことがきっかけで
iPhoneをカメラとして使うようになったとのこと。

自分で4×5大判カメラを持っていたこともあるし、中判カメラや35mmカメラも使っていましたが、普段扱うには複雑でした。でも今は撮影するイメージに時間を割いて、技術的なことや撮影機材についてあまり考えずに済むようになりました。iPhoneのおかげで集中できるんです

うん
宝の持ち腐れという言葉があるけど
僕なんかは
そんな状態になってしまっているのかもしれないな

モバイルか…

ほんと
20年前は考えられないようなことが
できる時代なんだよな

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *