レバレッジ/英語は絶対勉強するな!英絶

外国語を物理や地理のように教科のひとつとして扱っている
聞くことや話すことが中心にないから
いくらやっても身に付かない

赤ちゃんが言葉を覚える時、語彙や文法は必要としない

語学とは頭で学ぶものではなく体でおぼえるもの

このノウハウに忠実に従えば
まずひたすら聞く訓練をしながら
しだいに話し、読み、書く練習へと無理なく移行し
本人も自覚しないうちに英語力が自然に身に付いているはず

英語塾に通っても通わなくても
どのみち英語をマスターできない

多くの人は読み書きは出来ても
聞く話すが出来ない

限られた会話パターンをマニュアル通りにいくら積み重ねても
自在にはなせるようにはならない

要するに
既存の学習法、教材では
英語の習得はいつまでたっても不可能

言語を習慣化する方法を伝えたい

学校も留学もしない
期間も半年から一年で十分

1ーーーーーーーーーーーーーーーー
赤ちゃんが最初に話す言葉は頻繁に耳にして来た言葉
人間はいちばん身近で最も数多く聞いて来た言葉から
しゃべられるようになる

英語をしゃべるようになるには赤ちゃんのように
無条件に沢山聞けばいい
が、
残念ながら私たちはもう赤ちゃんではない
いちいち意味付けたりしないと理解や納得ができなくなっている

分析的な学習は
英語を表面的に学ぶにはいいが...
正しいとはいえない

英語を勉強しようという考えを完全に捨てることから始めるべき

韓国式の変なアクセントに慣れているより
いっそのこと英語を知らない方が有利

英語は勉強するものではない
長く学んで来たもの程、この説を信用しない

人間の記憶力には限界があり
時間がたてば忘れてしまう
英語マスターのために暗記することは正しくはない
なぜか。頭を使って無理に覚えたことだからだ。

体になじむまで習慣化する

完全に身に付き考えるより先に手や足が動く状態
自転車や水泳のようにしばらくやらなくても出来てしまう
頭より舌が先に動く状態になれば英語が体化したといえる

守ってもらいたい条件
一、わたしの言うことを疑わないこと
二、ひとつのステップが完成するまで絶対に次のステップに映らないこと

マスターする時間は人により違う
母国語を上手に使いこなす人は先天的に言語感覚にすぐれてる人は
早い
でも
短くて半年、長くて一年

失敗の理由は根気のなさ、信念の不足
ねばり強くやる、疑わずにやる

ある日突然テープから知ってる単語が聞こえてくる
昨日まで聞こえなかった単語がウソのようにはっきり聞き取れる瞬間が突然やってくる

次には、ひとつながりのセンテンスがなんの支障もなく
すーっと頭の中に流れ込んでくることも起こる

<第一ステップ>完全に聞き取る
話の意味を理解するのではなく、ただひたすら聞く
不明な単語があっても辞書引かない
<第二ステップ>完全に書き取る
一文ごとに書き取り分からない単語があってもこだわらず
不正確なスペルでもいいから聞こえた通りいったん書いておく
すべて書き取ったらそれを最初から最後まで大きな声でテープや発音を
そっくりそのまま真似するうように読む。これによって話されたとおりの音で
英語を文章化する力がつき、また英語の発音が完全に口=舌になじむ
<第3ステップ>-英語の語彙や表現法に精通する
書き取った内容のうちわからない単語を英英辞典で引く。そのなかに
わからない単語があればそれもさらに英英辞典で引く。
いたちごっこみたいに、えんえんと英英辞典を引き続けるわけだが、
これを繰り返すことで「英語の意味を英語で理解する」ことができるようになる。
第1ステップでえんえんとテープを聴き筒けるうちに発音が聞き取れるように
なるのと同様、英英辞典で引き続けるうちに意味は表現法が自然に理解できる
ようになるのだ。
<第4ステップ>ー生きた英語を完全に体得する
英語のビデオを見ながら、第1ステップから第3ステップまでの作業を行う。
音声と映像、セリフとゼスチャー、言葉と心を一致させる作業を通じて、
英語を第2の母国語として「体化」することができるのである。
<第5ステップ>-英語分化を理解し、幅広く多様な英語力を深める
英字新聞の記事を朗読する。さらに記事を見ないで、その内容を
人に説明するつもりで話す。
漫画や広告に至るまでに同様のことを行い、わからない単語についてもこれまでと同様の処理をする

この5ステップを順番どおりにこなしていけば、素質のある人も
無い人もネイティブスピーカーと遜色ない本物の英語力を獲得できる
はずである。

第一ステップ
1自分の英語の水準にあったテープを1本(ワンセットではなく1本)
用意。テープは英語圏で専門家によって作られた教材テープが望ましい。内容は目的や趣味に会ったものを選ぶといい
2そのテープを最初から最後まで「続けて」聞き通す。
ある箇所を繰り返し聞いたり省いたりせず始めから終わりまで継続して聞く
一日二回、無心にあるいは発音に注意しながら集中して聞くこと
3毎日続けるが6日聞いたら必ず一日休む。
一週間に一度英語から離れる日を作る
4以上をテープの内容が完全に聞こえるようになるまで続ける
完全に聞こえるとは意味がすべて理解出来るということではなく音声がひとつ残らず聞き取れると言う状態をさす

ある日、君はちょっとうんざりしながらいつものようにテープを聴く。
が、いつもと違う
テープの声よりも早くその先の内容がどんどん君の頭に浮かんでくる
それが、テープの終わりまで続く
完全に聞こえるとはそんな状態のことだよ

居眠りまじりでは効果はへる
耳をそばだてて聞くようにしなくちゃいけない

自分の能力を規準に、それと同等か、やや低い水準のものを
選ぶのがポイント

英語で話されているものなら教材用でも会話用でも
どんなものでもOK

ただし、訳文が挿入してるのはダメ

ポップスやドラマ英語もダメ

自分の目的にあったテープを選ぶのが近道

一本のテープを継続して聴き通すことは
重要なポイント
少なくとも1時間〜2時間
忍耐強く、分からない単語があってもただ無心に集中

週一で休む
インプットのみで整理の時間がなければ
脳の情報処理能力は正しく作用しない

意味も分からずスペルも正確ではないが
音はそっくり再生出来る
これがまさに英語が聞こえる状態

人間の五感は互いに妨害する
ので
聞くなら聞くだけにする

この第一ステップは
聞くことで英語に耳を慣らすという目的以外
考えなくていい

2ーーーーーーーーーーーーーーーー

絶対自己流アレンジをするな

勉強し始めたとたん
習慣化していた英語がふっとぶ

手が馴染むまで何度も弾き込んだ結果
自然に指が動くようになる
ピアノに慣れるように

バスや電車で通勤する人にとってもこのノウハウはいい。
テープをひたすら聴くだけで
ぼーっと座ってたり居眠りするより遥かに生産的。

テープの長さは60分
ひととおり聴き、
一休みしてからもう一度聞く
それで2時間
それを一日に二回やればもっといいけど

第二ステップ

1一番最初に聞けるようになったテープを選ぶ
2最初から最後まで聞こえた通りに書き取る
3単語ずつではなくセンテンスずつ書き取る
4単語のスペルを英英辞典で確認
5大きな声で最初から最後までテープを真似して読み通す
6すべてが口になじんだら終了

ひとつの文章を完成するまで繰り返し聞くのは
まさにその部分に体化出来てない音声が残っているから

正確なつづりは後で必ず英英辞典で調べる

英韓辞書や大統領の演説を丸暗記しても役には立たない

正しいノウハウを熱い心でやってみる

ひとつの単語にこだわらず
ひとつの文章を最小単位として書き取る

分からない文は分からないなりにワンセンテンスざっと書き取る
次に分からない部分を確認するために再び聞き直す

聞き直すときも書き取ったものを見ず、耳だけをたよりに

英英辞典をひき、再びテープをと繰り返すことで
おなじ間違いをすることが少なくなる

始めから終わりまで大きな声で読むのは
長く英語を話す能力を養うため

書き取ったものを見なくてもスラスラ口から出てくる
という状態になったらOK

自分の声を録音し、間違った発音を治して行くことが大切

3ーーーーーーーーーーーーーーーー

途中で辞める人の最大の理由は「短気」

やっぱり英語を少しでも知ってないとこの方法では無理だ...

暗記方式では、暗記したもの意外頭に残らない

舌に英語をのせるには本場の英語を徹底して真似する練習が
かかせない

1書き取ったもののうち、意味の分からないものを英英辞典で調べる
2解説、例文を書き出して、その中の分からない単語をさらに引く
3わからない単語がなくなるまで延々と引く
4一時間辞書引き、一時間音読

辞書を引いてるうちにパターンに気付く
それこそが英語の基本であり、日常生活で使われるもの

たくさんの文章パターンになれることで規則が分かる
TOEICの間違い探しも容易に

暗記は英語習得の最大の敵

ある日突然
自然に口が開いて話し始める

そういう段階になったら
アメリカ人だけの集まりに行くのもいいし
見るものすべて英語で言ってみるのもいい

重要なのは、たくさん引くこと
そうすることで基本文型が身に付き英文を辞書なしで
読むことが可能になる

このように使えばこのようになるという説明もあるので
それを読むこと書くこと自体が
文章訓練になる

どれも一度は引いたとなったら終了する

意味が分かろうが分かるまいが
入ってくるままに受け入れ蓄えて行くうちにいつの間にか
分かるようになる

時間がかかっても
引くことを絶対にやめてはいけない

完了すれば
構成力、駆使力、表現力が得られる

4ーーーーーーーーーーーーーーーー
1洋画のビデオを1本、毎日1回見る(イヤホンを使用)
2第一ステップのように内容の聞き取り
3完全に聞き取れたら第二ステップのように書き取り
4書き取りを終えたら朗読。第三ステップのように辞書引き、それを書き取り朗読
5何本かのビデオで同じことを行う

平凡な日常を描いた現代劇の映画

終える目安は内容が入ってくるまで

最後にはみんな聞き取れるようになるから
もう書き取りする必要も珍しい単語以外はなくなる

はじめて見た映画は
「ある愛の詩」オリバーとジェーン
「愛と青春の旅立ち」

5ーーーーーーーーーーーーーーーー

意味の分からない単語は
新聞の一面を終えるまで辞書は引かない
分からないまま読み
一面終えたら意味の解明 英英辞典で
意味の分からない単語は一面単位でまとめて解決して行く

Kのように5ステップまで到達する例はきわめて少ない

1オリジナルアメリカ版英字新聞の最新版を手に入れる
2社会面から1、2分で読める短い記事を選び
キャスターのように誰かに聞かせるように音読
3内容が頭に入ったと判断したら今度は見ないで暗唱
思い出せない単語は適当に最後まで読んだ後確認する
4スラスラはなせるようになったら別の記事で同じことを繰り返す
5意味の分からない単語は一面単位で終了後調べる
6社会面からはじめ、英辞になっているすべての面で繰り返す

数ヶ月の間二時間を割く忍耐力を要するやり方だが
これさえクリアすればこれほど
確実にものになるやり方は他にないはず。

詰め込みや暗記方式で語学が身に付くなどと言うことは
絶対にありえない

ーーーーーーーーーーーーーーーー
第一ステップから第五ステップまで忠実に実行すれば
あれほど挫折して来た英語習得が現実のものとなる

【語学力が夢の実現、自己の成長を助ける】

外国語に堪能であると言うことは
自分の意見や価値を外国人に伝達する能力にもつながる
それはまた
グローバル時代において
他人より成功のチャンスが多くなることを意味している
更に語学力とは
我が国のビジネス環境の中で
個人が貴重な時間をいたずらに浪費することなく
夢や希望を実現する際の
大きな保証ともなる



Sponsored Links
いっしょにとれーにんぐエストロゲン光脱毛は抜ける?光脱毛口コミ副作用ハイジニーナ 脱毛イーモ 脱毛

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *