No.105『有線でかかるには流通している必要があるか?』

ロック私小説「メジャーを追い越せインディーズ!2」第105話
『有線でかかるには流通している必要があるか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回CDを出すにあたって
レーベル側として
考えていた事があった
というより
前回への反省を踏まえて
今回は
よりよい条件にしたかった
う~ん...
よりよい条件というと
おかがましい
とにかく
知らないことによる
損をしたくなかった
そこで
手帳に
様々な条件
というか
規準を
書き出した
うまくいくか
いかないか
まったく考えずに
ただ
ひたすら書き出した
**********************************************************
その中で
まず
この2つを
クリアにしようと思った
・自らが流通出来ないか?
・自らが出版社になれないか?
なぜこういうことを
思ったか?
流通を兼ねる出版社に
様々な業務を
任せる事は可能だが
当然
その分
取り分は減ってしまう
そして
さらに
印税の管理が
あやふやになってしまっている
**********************************************************
もちろん
彼レベルの「印税」とは
世で言う「印税」とは
比べ物にならない事は
前提に置きたい
でも
たとえば
最初の
印税に関しては
こちらから連絡をしなければ
忘れているような感じだったし
最初の印税が支払われた後も
流通ルートで売れているのを
確認したのに
何も音沙汰がない
その件についても
自分で訪ねなければ
先方から
知らせてくれる訳では
なかった
~ 2 B Continued ! ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回、5/14号は「有線でかかるには流通している必要があるか?(2)」です。
お楽しみに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Tips □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■Tips on the TV
http://www.sn-brand08.com/Site/TV.html
Vol.17【サクラダスト弾語りバージョン】
自宅で弾語ってます。
これは自分的には面白いと思っています。
ここ最近出している
カチッと歌に合わせた感じも面白いと思っているのですが
ここ最近ライブをやってない分
こういった感じで生ギター生ボーカルでの映像も
面白いのではと思っています。
僕は活動を始めた最初の二年間は
ずっと弾語りのライブをやっていたので
オベーションを抱えて歌うと
すごく懐かしい気持ちになります。
当時は、立って
アコースティックギターなのにオーバードライブという
歪ませるエフェクターをかまして
粋がって叫んでた感じだったのですが
こうやって、ギターを抱えて座って歌うというのも
熱くなるものがあります。
録音は
見えないところ(映像として映らないところ)に
コンデンサーマイクを立てて
Logicで録音して
という形をとりました。
それで
映像と
音を
合わせて
SoundTrackというソフトでノイズを取って
コンプで持ち上げました。
SoundTrackについてるエフェクターは
Logicと同じプリセットが使えるものがあるので
結構、いいんですよ。
...
って
分からない人には何を言ってるか分かりませんね(笑)
<続く>
http://www.sn-brand08.com/Site/TV.html
about clay □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【Webサイト】
http://www.sn-brand.com/
【ブログ:clay’s blog】
http://clay.at.webry.info/
二枚組セカンドアルバム「S/N」
http://www.sn-brand08.com/Site/S_N.html
Outro.□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
最近
音楽関係の業者の方々から
ライブのシステムを変えました
とか
CDのシステムを変えました
とか
メールが来るのですが
誰宛なのかも書いてないし、
誰が言ってるのかも書いてなかったりするし
こういったメールというのは
どうなんでしょうか?
もちろん
単に「金儲け」として言っているのであれば
それはそれで...
ともおもうのですが
言ってることは、割とまじめなので
一体、なんなんだろう?
と思ってしまいます(笑)
色々と
少し前から
議論されてる事ではあると思うのですが
ライブの集客や
CD販売に関することは
アーティストにとっては
問題でもあるし、それを解決すべく動いている業者からの
魅力的な提案ということなのかもしれないけど
うまく行くには長い時間を要すると思います。
なぜなら
お客さんの視点で考えてないから。
たくさんある
問題は
すべて
ミュージシャン側の意見であって
お客さんの意見ではない気がします。
お客さんあっての音楽なんですよ。
当たり前だけど。
色々な方々から
お話を伺っても
やっぱり
「こちら側(ミュージシャン側)」の意見になってしまってるな
ということは否めません。
たとえば
それをやることによって
お客さんは、どう思うんだろうというのが
抜けていれば
ミュージシャン側から「それ」に対する
利用料を取って終わりなのではないかと
思ってしまいます。
もちろん
話を深く聞けば
そういったところにも
行き届いた考えなのかもしれませんが
まずは
とにかく
誰宛なのかだけでも
書きませんか?
という(笑)
インディーズをタイトルにメルマガを出しているので
こういったメールを頂くことが多くなっていると思うのですが
こういったメール対策で
メジャーを追い越せイン○ィーズに
名前を変更してもいいですか?(笑)
————————————————————–
最後までお読み頂き、本気で感謝します!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
購読の登録、解除はこちらから
まぐまぐ http://www.sn-brand.com/a1/ezine.html
eマガジンズ http://www.emag1.com/cgi-bin/emag/go_detail.cgi?sdtl=him1531
めろんぱん http://www.melonpan.net/mag.php?009466
melma http://melma.com/contents/taikai/
カプライト http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/11749.html
【Caution !】
  登録・解除は、お手数ですがユーザ様ご自身の手で行ってください。
  解除依頼、また解除に関するお問合せは受け付けておりません。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
メジャーを追い越せインディーズ!2
毎週水曜日発行
ライター:clay
□~マスコミ関係の方へ~
転載・取材・コラムなど、お気軽にメールください!
clay@sn-brand.com
※ただいま相互紹介は受け付けておりません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バックナンバー:http://clay.at.webry.info/theme/b1bd6b90e6.html
   本メールに掲載された内容を許可なく複製・転載する事を禁じます
     Copyright (C)S/N BRAND 2008 All Rights Reserved.
~ I want you to know my music. I want you to love my music. ~
=========================================================

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *