Monthly Archives: April 2019

「あんなことをしなければよかったと思う方がいい」という名言

人生を振り返った時、
あんなことをしなければよかった
と思う方がいい
あんなこともしてみたかった
と思うよりは

これはルシルボールの名言
僕のEvernoteの名言ノートにある

よく
人はしなかったことに後悔する
と言うけど

僕は
したことに対して
ものすごく後悔することが多い

勘違いされてることも
多いと思うし

だけど
この言葉がすべてを表している気がする

そうなんだよな

あんなこともしてみたかった
と思うより
あんなことをしなければよかった
と思う方がいいんだよな

これ
深いのは
どっちも後悔してるってこと

1つは
やってみたかった
という後悔

そしてもう1つは
やらなきゃよかった
という後悔

きれいには行かない
うまくいくことばかりじゃない

でも

やってみませんか?

人の意見は聞かない方がいい?

人の意見は聞かない方がいい?

人生を左右するレベルで人の意見を聞かなくてよかったことが2つあります

相談するということは
1)基本的には腹は決まっているんだけど後押ししてもらいたい
2)本当にどっちに行ったらいいのかわからない
このどちらかではないでしょうか?

僕の場合は基本、2ですね。

で、
相談してみると
だいたい「既定路線」をすすめられる
これは100%そうだった

人間には
得したいという気持ちより
損したくないという気持ちの方がよっぽど大きいらしく
それは他人に対してもそうなんだろう

で、
僕はどうして相談するかというと
相手が既定路線をすすめることがわかってるから…

ということがなんとなくわかってきたw

つまり
僕も怖いんだ

A=既定路線
B=新しい道

でも僕は迷いに迷ってBを選んできた
(だったら相談するな…という話は置いておいて)

Aに行ってたら
今の僕はないだろう

それを思うと
安全であるはずの既定路線の方が
実は危険だったのでは?
と思うようになった

迷ったら危険な方を選べ
というのは、
割と無責任な言葉だと思う

でも、
案外当たっているのでは?